美容学校で学ぶ事について

美容学校では美容師になるために資格の取得を目指し、学科と実習を勉強します。

学科と実習は必修授業で昼間部で合わせて1400時間以上の履修が定められています。学校によって授業は多少違う場合がありますが、ほとんどが美容師になって仕事をするための基礎です。

学科授業で学ぶ事は主に7つに分けられます。1つ目は関係法規についてです。法令や制度、国家資格者である社会的責任などを勉強します。2つ目は衛生管理についてです。消毒の方法や感染症などの環境衛生知識を学びます。3つ目は保険についてです。

皮膚や髪の毛などについて生物学的に勉強します。4つ目は物理と化学についてです。薬剤に関する知識や、仕事道具となる道具の正しい使用法を学んでいきます。5つ目は文化論についてです。ファッションやヘアなどの歴史を勉強します。6つ目は運営管理についてです。お客さんへの対応や運営する場合の管理方法などを勉強します。7つ目は技術理論についてです。

用具の種類や目的を覚えて実務に沿った知識を学んでいきます。実習授業で学ぶ事は主に3つです。1つ目はカッティングです。実習授業の中では1番の基礎になります。髪をカットして容姿を美しくする技術を勉強します。2つ目はワインディングです。パーマネントウェーブを髪にかけて美しく仕上げる技術を身につけます。3つ目はセッティングです。

ウェーブローションやローラーカールなどを使用して全体のバランスを美しくする技術を学びます。その他にもエステやネイルなどを学べる美容学校もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *