美容学校へ通い国家試験の受験資格を得る

美容師はカットやパーマなどを駆使して、お客様が希望するヘアスタイルに仕上げるのが、仕事になります。

勤務する店によって、ネイルやエステ、ヘッドスパなどのメニューを行うこともあります。人それぞれ頭の形や髪質が異なるので、その人に合ったヘアスタイルを作り上げなくてはなりません。お客様と会話することも多いので、コミュニケーション能力も大切になってきます。

流行の髪型や新しい技術、液剤などにも精通しておく必要があり、情報収集能力など技術力だけではなく、様々な能力が求められます。美容師になるためには、厚生労働省指定の美容学校に通い国家試験の受験資格を、得なければなりません。昼間部、夜間部の学校だと2年、通信課程の学校だと3年間通うことになります。学校を卒業したからと言って、資格が取得できるわけではなく国家試験に合格しなければ、美容師免許は交付されません。

筆記と実技があり、春と秋の年2回開催されています。美容師の仕事は慣れていくまでが、大変なものになっています。初めは毎日の営業が終わってから遅くまでカットの練習をしたり、休みの日も講習会などに行って勉強しなければなりません。しかし厳しい修業時代を耐えてスタイリストとなり、初めてお客様の髪をカットした時にこの仕事の面白さを実感するといいます。

自分が考えたデザインやスタイルを気に入ってくれたお客様が笑顔になり、そしてリピーターになるというのは非常にモチベーションが上がることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *