大阪の美容専門学校には校則がある

美容専門学校といえば自由なイメージがありませんか?そしてどちらかというと派手なイメージがあるかもしれません。

もちろんそういった美容専門学校は大阪にもあります。自由で、楽しくなければ学校じゃないという校風の学校です。しかし中には厳しい校則がある学校も大阪には存在しています。例えばどんな校則があるのかご紹介しましょう。

まずは身だしなみについてです。ヘアカラーには明るさのレベルがあるのですが、そのレベルが設定されています。また奇抜な色やヘアスタイルも禁止、ブリーチ(脱色)禁止など。中にはパーマが禁止の学校もあります。そして服装にもさまざまな規定があります。タンクトップを含む肌の露出が多い服、ダメージ加工のものは禁止、サンダル、ヒール禁止などおしゃれを楽しみたい人にとってはかなり酷だと感じるかもしれません。

ではなぜこんなにも多くの校則があるのか。まず一つは将来美容業界で活躍するために、幅広い方から支持を受ける人になるためです。自分の好きな格好をするのは良いですが、特定の年齢、性別の人からだけの支持ではなりたちません。

身だしなみに清潔感を加えることは非常に大切なことなのです。もう一つは美容師国家試験対策です。国家試験は技術試験と同時に衛星審査といって身だしなみや立ち居振る舞いも審査され、それが合否に関わってくるのです。

そんなことで不合格になってはいけません。普段からきちんとした身だしなみ、振る舞いを心掛けるために校則があるのです。大阪の美容専門学校はこういった特徴の学校もあります。いかがですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *